夢見る仮想通貨ブログ

ド底辺デザイナーが仮想通貨で夢を見るブログ

KNCの特徴と将来性|革新的な決算システムのカイバーネットワークを紹介

おすすめ仮想通貨取引所ランキング
【第1位】BitMEX(ビットメックス)《追証なしでレバレッジ100倍!安心のBTCFX》
【第2位】Binance(バイナンス)《世界最大の取引所!掘り出し物の草コイン多数!》
【第3位】bitFlyer(ビットフライヤー)《月間取引量、ユーザー数、資本金国内第一位》
【第4位】Zaif(ザイフ)《取引手数料の安さが魅力!》
KNCの特徴と将来性|革新的な決算システムのカイバーネットワークを紹介
こんにちは。今回はカイバーネットワーク(KNC)について紹介するぜよ!

カイバーネットワーク(KNC)の概要

KNCとは、カイバーネットワーク(Kyber Network)という新しい決算システムが発行する通貨です。カイバーネットワークはイーサリアムの創業者、Vitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)がアドバイザーとして携わっていることでも注目されています。彼の携わるもう一つの通貨OmiseGOは、ICOから10倍以上にも価値を上げているのです。

革新的な決算システム

カイバーネットワークは、私たちがより安全により低コストで仮想通貨のやり取りをすることを可能にしてくれる革新的な決算システムです。現在、ほとんどの人が仮想通貨取引所を利用し通貨を売買しています。この時、私たちは取引の度に、取引所に手数料を支払っています。また、既存の取引所を利用するということは、マウントゴックス社の事件のように、取引所がハッキングされて資産を奪われるというリスクもはらんでいます。これら仮想通貨取引所のデメリットを克服した「分散型取引所(DEX)」の機能をカイバーネットワークは持っているのです。

決算API(Application Programming Interface)

さらに、「決算API(Application Programming Interface)」という機能もあり、仮想通貨を送金する際、送金先が指定する通貨を持っていなくても、別の通貨を自動で変換し送金してくれます。仮想通貨市場が拡大すればするほど、カイバーネットワークは有用性のあるものになるでしょう。

KNCの優れている所

カイバーネットワークの素晴らしい点は、大きく分けて2つ。「分散型取引所(DEX)」と、「決算API」です。

分散型取引所(DEX)とは

通常の仮想通貨取引所のように取引所に私たちの通貨を預けず、自分で管理しているウォレットで取引を行えるシステムです。簡単に言うと、ウォレットに取引機能が加えられているので、売買するたびに取引所を経由することなく通貨をやり取りすることができます。

通常の仮想通貨取引所を利用するということは、2014年3月に起きた取引所「マウントゴックス」の事件や、先日起きたばかりの「コインチェック」の事件など、取引所が倒産したり、ハッカーに狙われたりするリスクがあります。その点、自分で通貨を管理できる分散型取引所は安全性が高いと言われているのです。このような分散型取引所には、カイバーネットワークの他にも「0xproject」「Bancor」などがあります。

ただし、分散型取引所にもデメリットがあります。通常の分散型取引所の場合、注文を入れるたびに手数料がかかり、出来高が少なく板が薄いので取引に時間がかかってしまいます。

ですが、カイバーネットワークは、複数の仮想通貨の貯蔵庫(リザーブ)を持っていて、ネットワークに接続することで取引の流動性が担保されているため、取引がスムーズに行われます。また、カイバーネットワークはイーサリアムのスマートコントラクト(賢い契約)を利用しているので、速度がとても速いです。取引の一連の流れが瞬間的に行えるという点が他の分散型取引所と比べても優秀であると言われています。また、分散型取引所は注文の度に手数料が発生しますが、カイバーネットワークの場合、取引の一連の流れが低コストで行えるため、手数料がかかりません。カイバーネットワークは、分散型取引所の欠点を克服した、より優れたシステムなのです。

「決算API」とは

仮想通貨で支払いをするときに、自動で通貨を変換してくれるシステムです。たとえば、相手にイーサリアムを送りたいのに、自分がイーサリアムを持っていない場合、通常なら取引所でイーサリアムに換えて、それから送金しないといけません。この時、イーサリアムに換えた時に取引手数料がかかりますし、手間もかかってしまいます。カイバーネットワークなら、他の通貨をイーサリアムに自動で換えて送金してくれて、しかも手数料はかかりません。

決算APIの機能は、特にICOに参加する際に便利です。現在ほとんどのICOはイーサリアムで受け付けています。この時、送金する前にわざわざ自分で通貨を換えずに、他の通貨を送っても相手にはイーサリアムで送金されるのです。

KNCの課題

素晴らしい機能を兼ね備えたカイバーネットワークですが、現時点ではまだ実用化のめどが立っていません。カイバーネットワークが提供しているウォレットはまだ開発途中で、公式発表でもまだ安全ではないと注意されています。2018年4~6月にメインネットワークが立ちあげられる、イーサリアムとトークンとのトレードが開始される予定です。今後の動きに注目する必要があります。

KNCの将来性

仮想通貨は今後増々利用されるでしょうし、それらをより安全に、早く、便利で、低コストで運用できるカイバーネットワークは、より注目を浴びると考えられます。ただし、仮想通貨の決済システムは、カイバーネットワークの他にも様々なものが開発されてきているので、競合が多いジャンルではあります。さらに、カイバーネットワークは実用化の目途が立っていないということも懸念点です。未完成だから伸びしろがあると捉えて、長い目で見る必要があるでしょう。

KNCの過去の相場




KNCは発行前から注目を集め、ICOではわずか3日間で5000万ドルを調達しました。さらに、2017年9月にウクライナの取引所Liquiに上場し、初日はICOの4倍の値をつけました。価格はその後落ちて一旦落ち着きますが、2017年12月に入ると上昇し始め、2018年1月10日には790円にまでなりました。現在は400円代に落ち着いています。

時価総額ランキング

カイバーネットワーク(KNC)の購入方法

仮装通貨カイバーネットワーク(KNC)の買い方を紹介します。KNCを購入するなら取引高世界一のBinance(バイナンス)がおすすめ。手数料が安く購入も簡単です。バイナンス BINANCE

 

まずはバイナンス公式ホームページを開きます。

登録がまだの方はこちら
⇒BINANCE(バイナンス)の登録・入出金方法を画像付きで解説
日本の取引所と違って面倒な本人確認がなくすぐ登録可能です。

コインチェック(coincheck)ザイフ(Zaif)など日本の取引所からビットコインかイーサリアムを送ります。

●送金完了したらバイナンスにログインして「取引センター(Exchange)」をクリックします。(ベーシック・アドバンスはどちらでも大丈夫です。今回はベーシックで説明)

実際の購入画面を見ていきます。

BINANCE バイナンス 取引

BINANCE バイナンス 取引

  1. ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)を選択
  2. KNCを入力して検索
  3. 購入価格を入力(売り板と買い板で希望の価格をクリックして購入価格を入力することもできます)
  4. 購入量を入力(下の25%~100%のボタンでも購入料を入力できます)
  5. 「購入(Buy)KNC」をクリック

以上でKNCコインの購入は完了です。

 

プロフィール

ライター・ド底辺デザイナーリョーマ
1987年千葉生まれ。1人デザインの仕事をしながら仮想通貨ブログを書いています。デザイン力はクソ。サッカー観ながら猫と遊びつつパソコンいじるのが生きがい。2017年6月から仮想通貨を始める。
性格:ポジティブだけど打たれ弱い、超現実主義者
好き:猫、サッカー観戦、ハンバーガー
Return Top