夢見る仮想通貨ブログ

ド底辺デザイナーが仮想通貨で夢を見るブログ

リスク(LISK)の特徴を初心者にもわかりやすく解説!将来性MAXの仮想通貨

おすすめ仮想通貨取引所ランキング
【第1位】BitMEX(ビットメックス)《追証なしでレバレッジ100倍!安心のBTCFX》
【第2位】Binance(バイナンス)《世界最大の取引所!掘り出し物の草コイン多数!》
【第3位】bitFlyer(ビットフライヤー)《月間取引量、ユーザー数、資本金国内第一位》
【第4位】Zaif(ザイフ)《取引手数料の安さが魅力!》
リスク(LISK)の特徴を初心者にもわかりやすく解説!将来性MAXの仮想通貨
こんにちは。今回はLISKの特徴をめちゃくちゃわかりやすく紹介するぜよ。

コアアップデートやリブランディングなど好材料な発表が控えていて2018年飛躍がかなり期待できる仮想通貨です。ぜひ特徴を覚えておきましょう!

仮想通貨「LISK」とは

仮想通貨「LISK」とは「Lisk」というプラットフォーム内で手数料や報酬として使える通貨のことを指します。

で、重要なのがそのプラットフォームのLiskが何なのかということです。一言で表現すると

Liskとはブロックチェーンにスマートコントラクトを実装した、自由で使いやすい分散型アプリケーション形成のためのプラットフォーム(土台)です。

このままだとさっぱりわからないので用語の説明をしたいと思います。

1.ブロックチェーンとは

情報を鎖状に繋げたブロック単位で保存する台帳やデータベースのことを指します。

ブロックチェーンではこれまでの銀行のような中央管理者が存在せず不特定多数の参加者によって記録を管理し合います。これによりハッキングや改ざんに強いのが特徴です。

2.スマートコントラクト(賢い契約)とは

コントラクト(契約)をスマート(賢く)に行えるプロトコル(通信規約)のことで、ブロックチェーン上に契約の情報を入れて、取引が自動で速やかに進むことを助けます。

例えば自動販売機では、『お金を入れると飲み物が出る』という契約を人の手を介さずに自動で実行しているということになります。スマートコントラクトとはこのようなイメージでよく例えられています。

3.分散型アプリケーションとは

中央管理者を持たず不特定多数による自立分散型のシステムのことをいいます。英語で『Dapps(Decentralized Applications)』と呼ばれています。

例えばDappsの活用例としてストレージサービスが挙げられます。ストレージサービスで有名なのはDropboxやicloudですが、これらはDropbox,incやAppleという中央管理者が存在します。これに対し自立分散型のストレージは完全オープンソースで中央管理者が不在です。不特定多数の参加者がハードディスクの空き容量を専用トークンを介して売買しています。ストレージを利用したいユーザーはトークンを支払ってストレージ容量を利用します。
他にもゲーム、ギャンブル、デジタルID、分散型の仮想通貨取引所など広い分野でDappsの活用が期待できます。

分散型プラットフォームの視覚イメージ

Dapps 分散型プラットフォーム 中央集権型プラットフォーム

TwitterやFACEBOOKは中央管理者が いるため中央集権型のプラットフォーム と言えます。

ここまでの用語の説明を踏まえもう一度Liskとは何かを確認してみます。

Liskとはブロックチェーン(という台帳)にスマートコントラクト(という自動の契約)を実装した、自由で使いやすい分散型アプリケーション(自立分散型のシステム)形成のためのプラットフォーム(土台)です。

なんとなくわかってもらえたかと思います。

仮想通貨LISKの特徴とは

Liskには以下の3つの大きな特徴があります。

  1. 「サイドチェーン」を使っている
  2. プログラミング言語が「Javascript」
  3. マイニングにあたる「フォージング」

それぞれ説明します。

1.  アプリケーションの基盤にサイドチェーンを使用

リスク Lisk サイドチェーン

ビットコインやイーサリアムは通常ブロックチェーンというメインチェーンのみを使用していますが、リスクではこれらとは違いメインチェーンに結びついている無数のサイドチェーンで分散型アプリケーションが構成されています。

これによりセキュリティーに強くブロック承認までの時間を短くすることができます。

セキュリティーに強いことで

ハッキング被害にあってもメインチェーンの修正やサイドチェーンを切り離すといった処理で解決可能です。以前イーサリアムがハッキング被害にあった際にはメインチェーンを切り離すハードフォークという方法を余儀なくされ、イーサリアム、イーサリアムクラシックという2つの通貨に分裂してしまいましたが、LISKではこのような心配はありません。

ブロック承認時間の短縮することで

仮想通貨送金時間を短縮できます。ビットコインが1ブロックを生成するのに10分かかるところをLISKでは10秒で生成できます。

2. スマートコントラクトの記述言語にWEB技術で有名な「Javascript」を採用

Liskでは、スマートコントラクトを実行するために、「Javascript」という有名なプログラミング言語を使用しています。

「Javascript」は世界的に使用されているプログラミング言語なので多くのエンジニアが開発に参加しやすい分、分散型アプリケーションの開発、形成が進みやすく、LISKが今後成長するための大きな強みとなると言えます。

3. DPoSというコンセンサスアルゴリズム (合意の方法)

Liskでは、Delegated Proof of Stake(DPoS)というコンセンサスアルゴリズムを採用しています。

Liskでは分散型アプリケーションの承認作業にブロックではなく、ブロックよりも大きい単位の「ラウンド制」を採用しています。1ラウンドあたり101個のブロックがあり、DPOSでは、取引承認をおこなう101人の代表者を、LSKの保有者による投票で選出します。投票権はLISKの保有量で決定し、選ばれた101人の承認者は割り当てられた順番に取引承認を行っていきます。この方法を「フォージング(鋳造)」といいます。

難しいので「ビットコインではマイニングという方法で取引承認をして、LISKではフォージングという方法で取引承認される」ということを覚えておきましょう。

期待されるLiskの3つの好材料

今後Liskは好材料と言われる3つのアップデート控えています。

Lisk CEOマックス・コーデック氏が動画でも語ってる通り3つのアップデートにより今後の大きな発展が期待できます。

3つのアップデートとは

  1. Lisk core 1.0(リスクコア1.0)
  2. リブラディングの再構築
  3. SDKの配布(開発者ツール配布)

1. Lisk core 1.0(リスクコア1.0)

コアアップデートによってサイドチェーンのさらなる強化によるLiskの拡大を予定しています。コアアップデートをすることによってリスクが本格始動するとされていてLISKの価格上昇にも影響を与えると予想されています。

※2018年2月以降を予定。

2.ブランド再構築

LISKのネーミングやWebサイトや、ロゴ、デザイン、などを一新してブランドを再構築する予定だそうです。新たに大きなプロモーションも行われますのでより注目度が上がりそうです。

ちなみに世界一かっこいいとされている現在のロゴが変更されてしまうのはかなりショックです。(個人的見解)

※2018年2月20日を予定。

3.SDKの配布(開発者ツール配布)

SDKとは「Software Development Kit」の略でソフトウェア開発に使うツールのことです。これを配布することで多くのプログラマーやエンジニアがサイドチェーン上で分散型アプリケーションの開発に携わることができるようになります。(オープンソース化)これによりLiskをプラットフォームとした分散型アプリケーションの実用化、発展が期待できます。

※2018年4月以降を予定。

時価総額ランキング

基本情報

公式サイト https://lisk.io/
Twitter @LiskHQ
Telegram https://t.me/LiskGroup
流通枚数 116,190,692 LSK
最大発行数量 上限なし
取扱取引所 bitFlyer coincheck Binance
BITTREX
ホワイトペーパー  whitepaper

過去の相場




このようにリスクには好材料のアップデートが控えているので2018年大きな飛躍が期待されています。2018年2月現在、LISKは2,000円前後の値をつけていますが年末には数万円の値をつけているのでは?という声も挙がっています。今後どうなるかはっきりしたことは断言できませんが大きな期待が持てるのは確かです。

是非Liskの動向に注目してみてください!

プロフィール

ライター・ド底辺デザイナーリョーマ
1987年千葉生まれ。1人デザインの仕事をしながら仮想通貨ブログを書いています。デザイン力はクソ。サッカー観ながら猫と遊びつつパソコンいじるのが生きがい。2017年6月から仮想通貨を始める。
性格:ポジティブだけど打たれ弱い、超現実主義者
好き:猫、サッカー観戦、ハンバーガー
Return Top