夢見る仮想通貨ブログ

ド底辺デザイナーが仮想通貨で夢を見るブログ

基軸通貨として注目のテザー(Tether)USDTの特徴や将来性をわかりやすく紹介

おすすめ仮想通貨取引所ランキング
【第1位】BitMEX(ビットメックス)《追証なしでレバレッジ100倍!安心のBTCFX》
【第2位】Binance(バイナンス)《世界最大の取引所!掘り出し物の草コイン多数!》
【第3位】bitFlyer(ビットフライヤー)《月間取引量、ユーザー数、資本金国内第一位》
【第4位】Zaif(ザイフ)《取引手数料の安さが魅力!》
基軸通貨として注目のテザー(Tether)USDTの特徴や将来性をわかりやすく紹介
こんにちは。基軸通貨として注目されている仮想通貨テザー(Tether)USDTを紹介するぜよ

テザー(Tether)USDTの概要

テザー(Tether)USDTとは、アメリカの法定通貨である米ドル(USD)と価値がほぼ連動している珍しい仮想通貨です。価格が安定していることから、仮想通貨取引所では基軸通貨の一つとして取り扱われているところも多いです。

基軸通貨とは
様々な通貨を取引するための元となる通貨のことをいいます。国内取引所だと日本円(JPY)、海外取引所のバイナンスではBTC(ビットコイン)ETH(イーサリアム)USDT(テザー)BNB(バイナンス)を基軸通貨としてその他の通貨を購入することができます。

Tether Limited社が発行するTether(テザー)と呼ばれる通貨は、ビットコインのブロックチェーンを利用したOmmiというトークンを発行するプラットフォームによって作られていて、その中の一つがUSDTということです。Tether(テザー)には、USDTの他にもユーロ(EURO)と価値がほぼ連動しているEURTなどもあります。

仮想通貨なのに米ドルと価値が連動している理由

ドル テザー

理由はUSDTの発行の仕組みにあります。

Tether Limited社は米ドルを預かると、同額のUSDTを発行します。USDTをTether Limited社に支払うと同額の米ドルを引き出すことができます。そして、Tether Limited社に支払われたUSDTは消去されます。そのため、Tether Limited社が保有している米ドルとマーケットに出回っているUSDTの値を一致させることができるので、USDTの価値が保たれるという仕組みになっているのです。

こういった通貨はペッグ通貨と呼ばれ、USDTはデジタル版のペッグ通貨として流通しています。Tether Limited社は保有している米ドルの状態を日々公開することで、USDTの価値の信用を得ています。

テザー(Tether)USDTの優れている所

現在、法定通貨は現金を手渡しする以外では銀行などの仲介者を介してのやり取りしか方法がありません。仲介者が必要になるということは、そこに支払う仲介手数料がかかってしまいます。高額のやり取りや、国家間でのやり取りとなるとさらに手数料がかさんでしまいます。

かといって、ビットコインなどの仮想通貨はローコストでスピーディーにやり取りができるものの、価格変動が激しいため現在は実用的ではありません。しかし、USDTなら、法定通貨の米ドルと価値が連動しているので価格が安定していて、しかもブロックチェーンを利用した仮想通貨なのでローコストスピーディーにお金のやり取りをすることができるのです。

また、日本人が海外の仮想通貨取引所を利用する上でも、USDTはうまく利用することができます。投資している通貨が急な下落に見舞われたときに、日本円に利確することができません。しかし、多くの取引所で基軸通貨としてUSDTは取り扱われているので、USDTに換えることで米ドルの価値で実質利確することができます。USDTを利用することで損失を抑えることができるのです。

テザー(Tether)USDTの課題

USDTには、その特性上「カウンターパーティーリスク」があります。「カウンターパーティーリスク」とは、中央集権者や法定通貨を預けている銀行が破たんしたり、ハッキングされたり、中央集権者が不正を働いた場合に通貨の信用が失われてしまう危険性を言います。

Tether Limited社の不正疑惑

実際の事例として、現在Tether Limited社が不正を働いているのではないかという疑惑が持ち上がっています。Tether Limited社は、ビットコインの価格が下落するタイミングに合わせて、新規のUSDTを発行し、自らビットコインを買いあさってビットコインの価格を釣り上げているのではないかと言われています。つまり、Tether Limited社が保有している米ドルと市場に出回っているUSDTの値が一致していない可能性があるのです。

USDTは第三者からみて不明瞭になっています。ということはテザー社が好きなだけUSDTを発行してビットコインなどの他の通貨を買い放題ということになりかねません。

まさに仮想通貨の錬金術みたいなものだね。

しかも信用のないUSDTでビットコインを買いあさっているのが事実なら、ビットコインの市場価格すら信用を無くしてしまいます。さらに最悪の場合、不正に手に入れたビットコインを自分たちのポケットに入れてしまう可能性もあります。この疑惑は、匿名の分析レポートが発表されたことで話題となりました。Tether Limited社は契約していた監査法人との関係を打ち切ってしまい、さらに疑いの目が向けられています。

さらに、Tether Limited社が大量に発行したUSDTを香港の取引所のBitfinexに送金し、そこでビットコインを買いあさっている可能性があることから、Bitfinexも共謀していたのではないかと疑惑の目が向けられています。そのため、アメリカの商品先物取引委員会(CFTC)がTether Limited社に対して召喚状を送付しました。

今後の動向が注目されています。

テザー(Tether)USDTの将来性

Tether Limited社の疑惑が事実なら、USDTが崩壊してしまう可能性が十分にあります。また、USDTの価値だけでなくビットコインや仮想通貨市場自体の信用すら失いかねない事態になります。

しかし、商品先物取引委員会(CFTC)の召喚状が送付されたのが2017年の12月で、その後もTether Limited社は変わらず運営されていて、USDTも発行されています。Tether Limited社が商品先物取引委員会(CFTC)の監視下であっても変わらず運営、通貨の発行ができているということは、近く正式に疑惑が晴れるのではないかと思われます。

疑惑が晴れることを願うぜよ

疑惑が晴れれば、USDTの信用も回復し、利用する人も増えるでしょう。米ドルと連動していることで、他の通貨とは違った利用メリットがあるため、仮想通貨市場での存在感をさらに増す可能性もあります。

USDTの基本情報

公式サイト https://tether.to/
Twitter @Tether_to/
Facebook https://www.facebook.com/tether.to
流通枚数  22億1,714万枚
最大発行数量 なし
取扱取引所  poloniex(ポロニエックス)Bitfinex(ビットフィネックス)Bittrex(ビットトレックス)ShapeShift(シェイプシフト)
ホワイトペーパー  whitepaper

時価総額ランキング

USDTの過去の相場




USDTは1USDT≒1USDという特性上、過去の相場に大きな値動きはありません。しかし、アメリカの政治的な大きな出来事や、アメリカが絡む国際的な大きな出来事、仮想通貨市場自体の大きな出来事が起きた場合には、米ドルとの価値に差が出る可能性はあります。

Tether Limited社の疑惑さえ晴れればUSDTは基軸通貨として非常に便利な通貨です。仮想通貨市場の暴落時の避難場所として是非保有しておきたいところです。

USDTは便利な基軸通貨ぜよ

プロフィール

ライター・ド底辺デザイナーリョーマ
1987年千葉生まれ。1人デザインの仕事をしながら仮想通貨ブログを書いています。デザイン力はクソ。サッカー観ながら猫と遊びつつパソコンいじるのが生きがい。2017年6月から仮想通貨を始める。
性格:ポジティブだけど打たれ弱い、超現実主義者
好き:猫、サッカー観戦、ハンバーガー
Return Top