夢見る仮想通貨ブログ

ド底辺デザイナーが仮想通貨で夢を見るブログ

移動平均線とは何か??仮想通貨のトレンド把握に役立つチャートテクニック

おすすめ仮想通貨取引所ランキング
【第1位】BitMEX(ビットメックス)《追証なしでレバレッジ100倍!安心のBTCFX》
【第2位】Binance(バイナンス)《世界最大の取引所!掘り出し物の草コイン多数!》
【第3位】bitFlyer(ビットフライヤー)《月間取引量、ユーザー数、資本金国内第一位》
【第4位】Zaif(ザイフ)《取引手数料の安さが魅力!》
移動平均線とは何か??仮想通貨のトレンド把握に役立つチャートテクニック
トレンドを把握するのに役立つ移動平均線について解説するぜよ

移動平均線とは??

一定期間の終値の平均値をグラフ化したものです。例えば5日移動平均線であれば過去5日間の終値を平均します。あなたもロウソク足と一緒にグラフが重なったこんなチャートを見たことありませんか?

移動平均線

これが移動平均線です。ローソク足と一緒に見るとより相場のトレンド買い時(売り時)が見やすくなりますのでぜひ覚えておきたい基本のテクニックです。

移動平均線は短期と長期の2本、もしくは短期、中期、長期の3本を同時に表示することでそれぞれのトレンドを知るのに役立ちます。

移動平均線でわかること

移動平均線を表示することで主に以下の3つのことがわかります。

  • トレンド
  • トレンドの勢い
  • 買われすぎ(売られすぎ)ていないか

トレンド

移動平均線が横ばいの場合はレンジ相場(トレンド無し)、右上を向いていたら上昇トレンド、右下を向いていたら下降トレンドであるということがわかります。

移動平均線

トレンドの勢い

移動平均線の傾きでトレンドの勢いを見ることができます。

移動平均線 勢い

移動平均線の傾きが強い、つまりトレンドが強いほうがより大きな利益を狙えます。

買われすぎ(売られすぎ)ていないか

価格は平均値に戻ろうとする習性があります。価格が移動平均線から離れすぎていると買われすぎのサインを表します。このサインが出た場合はその後移動平均線に向かって価格は戻っていきます。

移動平均線 乖離

明らかに移動平均線から離れている場合は価格が戻す可能性がありますのでエントリー(売買)する場合は気をつけましょう。

下降トレンドの場合も同じことが起きます

移動平均線の表示方法

BitMEXやZaifなど有名取引所で多く採用されている高機能チャート「トレーディングビュー(Trading View)」での移動平均線の表示方法を説明します。

トレーディングビュー Trading View

  1. 矢印のグラフマークをクリックします
  2. 「Moving Average」をクリック

するとチャート上に移動平均線が表示されます。
※移動平均線は英語で「Moving Average」のため、「MA」と表記されます。

次に移動平均線の平均値の間隔を設定します。

まずはチャート左上の「MA」の横の歯車マークをクリックします。

移動平均線 設定

「Inputs」の「Length」に数字を入力して「OK」をクリックします。

移動平均線 設定

入力する数字は自分の使いやすい期間を入力すればいいですが、よくわからない方は3本線を引いて日足チャートで一般的な5日(短期)、25日(中期)、75日(長期)の期間を入力してみましょう。

使いながら自分好みに期間を調節してください。

移動平均線でトレンドを掴むぜよ

プロフィール

ライター・ド底辺デザイナーリョーマ
1987年千葉生まれ。1人デザインの仕事をしながら仮想通貨ブログを書いています。デザイン力はクソ。サッカー観ながら猫と遊びつつパソコンいじるのが生きがい。2017年6月から仮想通貨を始める。
性格:ポジティブだけど打たれ弱い、超現実主義者
好き:猫、サッカー観戦、ハンバーガー
Return Top