夢見る仮想通貨ブログ

ド底辺デザイナーが仮想通貨で夢を見るブログ

【RSI】BCTFXで買われすぎと売られすぎを判断するテクニカル指標

おすすめ仮想通貨取引所ランキング
【第1位】BitMEX(ビットメックス)《追証なしでレバレッジ100倍!安心のBTCFX》
【第2位】Binance(バイナンス)《世界最大の取引所!掘り出し物の草コイン多数!》
【第3位】bitFlyer(ビットフライヤー)《月間取引量、ユーザー数、資本金国内第一位》
【第4位】Zaif(ザイフ)《取引手数料の安さが魅力!》
【RSI】BCTFXで買われすぎと売られすぎを判断するテクニカル指標
売られすぎと買われすぎがわかるとエントリータイミングがわかるぜよ

FXを始めたばかりの頃はいつエントリーしていいかわからず、なんとなく雰囲気でエントリーしてしまい自分が買った後に価格が下がり、売ると価格が上がるなんて悲しいことになってしまいがちです。今回はそんな失敗をせずエントリータイミングを計ることができるオシレーター系のテクニカル指標RSI(Relative Strength Index)を紹介したいと思います。

RSIは相場の買われ過ぎと売られ過ぎを判断することができるテクニカル指標

過去の値段に対して値上り幅が大きくなればRSIは上に大きく傾き、値下がり幅が大きくなれば下に大きく傾きます。

RSI テクニカル指標

見方としてはRSI 30を下回ると売られ過ぎRSI 70を超えると買われ過ぎと判断することができます。実際チャートの赤丸部分で相場が反転しています。

RSI 30を下回ったら買いRSI 70を上回ったら売りのエントリーをしましょう。

自分が買うと値段が下がって、売ると上がるという人は値段が動いた瞬間に乗り遅れまいと動いた方向にエントリーしている事が原因です。RSIを使って買われ過ぎ、売られ過ぎのサインが出た方向の逆にエントリーしてみましょう。

RSIの注意点

RSIはレンジ相場で特に威力を発揮し、上昇トレンドや下降トレンドではあまり活用出来ません。

RSI 下降トレンド

こちらは下降トレンド中のチャートですが、RSI 30を下回っていてもどんどん下にチャートは下落していきます。

RSIは単体で使用するのではなく常にトレンドライン、移動平均線、ダウ理論などと併用してトレンドを見ながら活用しましょう。そしてレンジ相場で使用するということを覚えておきましょう。

スキャルピングやデイトレードをする方はCRSIがおすすめ

RSIと同じような指標でCRSIという指標があります。CRSIはRSIより反応が早く細かい値動きで買いサイン、売りサインが頻繁に発生します。

CRSI テクニカル指標スキャやデイトレで細かい値幅を取っていきたいときに役立てましょう。

【ダイバージェンスで相場の転換を予測できる】RSIのその他の使い方

RSIには買われ過ぎや売られ過ぎを判断する以外にダイバージェンスという相場転換サインを確認することができます。

通常ですと値上がりするとRSIも上に傾き、値下がりするとRSIも下に傾きますが、相場の転換前になるとRSIが値段と連動して動かなくなることがあります。

ダイバージェンス RSI

こちらのチャートではローソク足では価格が上昇しているのにも関わらずRSIでは下落していっています。実際にローソク足の方でもその後相場が転換して下降トレンドに入っていったことがわかります。

この価格とRSIの乖離が起こると近々相場が転換する可能性を意味していますのでRSIの別の利用方法として覚えておきましょう。

まとめ

RSIは相場の買われ過ぎと売られ過ぎを判断するテクニカル指標
  • RSI 70を上回ると買われ過ぎ
  • RSI 30を下回ると売られ過ぎ
レンジ相場で活用しよう
トレンド相場ではあまり活用できない
スキャルピングやデイトレードではCRSIがおすすめ
RSIよりも細かい値動きでサインが発生するので小さい値幅を取っていくのに有効
ダイバージェンスが発生すると相場の転換が起こるサイン
ローソク足と逆方向に動いたら注意しよう

 

RSIでエントリータイミングを見極めるぜよ!

プロフィール

ライター・ド底辺デザイナーリョーマ
1987年千葉生まれ。1人デザインの仕事をしながら仮想通貨ブログを書いています。デザイン力はクソ。サッカー観ながら猫と遊びつつパソコンいじるのが生きがい。2017年6月から仮想通貨を始める。
性格:ポジティブだけど打たれ弱い、超現実主義者
好き:猫、サッカー観戦、ハンバーガー
Return Top