夢見る仮想通貨ブログ

ド底辺デザイナーが仮想通貨で夢を見るブログ

トークンの意味とは??仮想通貨と何が違うの??初心者にもわかりやすく解説

おすすめ仮想通貨取引所ランキング
【第1位】BitMEX(ビットメックス)《追証なしでレバレッジ100倍!安心のBTCFX》
【第2位】Binance(バイナンス)《世界最大の取引所!掘り出し物の草コイン多数!》
【第3位】bitFlyer(ビットフライヤー)《月間取引量、ユーザー数、資本金国内第一位》
【第4位】Zaif(ザイフ)《取引手数料の安さが魅力!》
トークンの意味とは??仮想通貨と何が違うの??初心者にもわかりやすく解説
トークンって何なの??

仮想通貨を勉強しているとちょいちょい出てくる「トークン」という言葉。どのサイトも当たり前のようにトークンという言葉を使っているけど初心者には意味わかりませんよね。そんな方のために今回はトークンの意味や、仮想通貨との違い、トークンを発行する理由を説明します。

トークンの意味とは??

まずトークンとは代用貨幣、引換券、商品券などの意味を持つ英単語です。そこから派生して仮想通貨界隈では新しく作られた独自の通貨をトークンと呼ぶことが多いです。

もう少し具体的に言うと独自のブロックチェーン技術を使って作られた仮想通貨は「イーサリアム」だ、「リップル」だと呼ばれるのに対してすでに公表されているブロックチェーン技術を利用して作った仮想通貨が「トークン」と呼ばれています。

ただ仮想通貨においてトークンとは○○であるという明確な定義は今のところありません。今後何かしら定義付けがあるかもしれませんが現段階ではなんとも予想はできません。

だから「仮想通貨とは?」、「トークンとは?」と聞かれれば明確な定義がないというが現状です。

トークンは流通しなければなんの価値もない

トークンはおもちゃのお札と一緒で流通しなければ何の価値もありませんが、独自に付加価値を付けて広めることで価値が付き、通貨の値段が上がっていきます。流通量が上がればいつでもビットコイン等の仮想通貨とトレード可能であることから、トークン発行は注目されているわけです。

例えば

香港の取引所BINANCE(バイナンス)が発行するBINANCEトークン(BNB)というものがあります。こちらのトークンはバイナンスで取引する際に基軸通貨として使用可能です。

※基軸通貨とは様々な通貨を取引するための元となる通貨のことをいいます。バイナンスではBTC(ビットコイン)ETH(イーサリアム)USD(米ドル)などと共にBNBを使ってLISK(リスク)、TRIG(トリガース)などのその他の通貨を購入することができます。

さらにバイナンスではBNB建てで他の通貨を購入すると手数料が半額になるという付加価値をつけています。なのでバイナンス上で取引をする場合はBNBを基軸通貨として購入しておいたほうが断然お得になります。

現在バイナンスは世界一の取引高の取引所ですので手数料を安くしたい人が購入するためBNBがどんどん売れていくわけです。バイナンスとしては資金調達ができて購入者は値段がどんどん上がっていって取引手数料も安くなって両者にとっていいサイクルが生まれています。

 

ちなみにバイナンストークン(BNB)は、ERC20をベースとしたトークンです。

ERC20(Ethereum Request for Comments:Token Standard #20)とは、イーサリアムのブロックチェーン技術を使用しています。既存のブロックチェーン技術を使用しているため仮想通貨ではなく「トークン」であるということが言えます。

仮想通貨には2種類のタイプがある

仮想通貨にはアセットタイプとカレンシータイプの2種類があります。

アセットタイプ

アセットタイプとは発行枚数を発行者が決定していて、開発元が成長すればするほど発行した通貨の市場価値が高まる性質があります。ですのでアセットタイプの仮想通貨は「株式のようなもの」ということができます。仮想通貨を売買するというよりも発行元の株式を購入しているイメージです。トークンはこちらの性質が強いものとなります。

カレンシータイプ

カレンシータイプとはビットコインのように採掘をしていくタイプの仮想通貨を指します。発行枚数は予め決定していて後から変更はできないようになっています。こちらはトークンとは違い仮想通貨自体を売買するものになります。

トークンを発行する理由

トークンとは発行者を応援するためのものと言えます。企業がトークンを発行してある人がトークンを購入していきます。企業が成長するにつれてトークンの購入希望者が増えることでトークンの価値はどんどん上がって行きます。そうなるとトークンの購入者はトークンを売却することで売却益を手にすることができます。

発行者からしてみればトークンを通じて資金の調達を行えますし、トークンの一部を保有することで価格上昇による収益を上げることもできます。

先程も言いましたがこれは株式の仕組みにとても良く似ています。ただ株式と異なる点としてトークンの過半数を所有したからといって経営権が取得できるわけではありません。また定期的な配当もありません。

トークンセール(ICO)とは

先ほど説明した株式のような形でトークンを発行し資金調達を行うことをトークンセール(ICO)と呼びます。

このトークンを購入することで、将来的にビットコインイーサリアムなどといった仮想通貨と交換できる引換券のような役割として使うことができます。

トークンセールはしっかりとした事業計画が有りそのための資金調達である必要があります。そのような事業計画のないトークンセールはしばしば「ICO詐欺」と呼ばれています。

個人的な意見としてトークンセール(ICO)の過半数がICO詐欺だと思っています。異様に広告でICOをプッシュしていたり、日本ばかりで宣伝しているものは詐欺の可能性が高いです。海外取引所上場の草コインですら将来生き残っているかわからないのに、まだ事業すら始まっていないICOにネットの情報だけで投資するのは正直正気の沙汰ではないと思っています。私の場合今のところICOには手を出さないように決めています。

トークンの今後

実用化されるのはこれからですが株式やポイントカードシステムとして今後実用化されていくことが考えられます。
SBI証券や三菱住友銀行は自社の仮想通貨(トークン)であるSコインやMUFGコインを既に作成していますので、近い将来の実用化されるでしょう。

仮想通貨は一時のバブルだという意見もありますが、このように大手企業が実用化に向けて動いています。これは世界レベルで見ても同様です。一時のバブルのために大企業が動くことはありません。仮想通貨(トークン)はいずれ私たちの日常生活に欠かせないテクノロジーになると確信しています。

だからこそ私たちの日常に普及する前に仮想通貨について学び投資をしていくことが大切だと思います。投資のタイミングは早ければ早いほど利益が増える可能性が高まるでしょう。

まだ仮想通貨投資を始めていない方はぜひ仮想通貨を学んで投資を始めてみてください。

プロフィール

ライター・ド底辺デザイナーリョーマ
1987年千葉生まれ。1人デザインの仕事をしながら仮想通貨ブログを書いています。デザイン力はクソ。サッカー観ながら猫と遊びつつパソコンいじるのが生きがい。2017年6月から仮想通貨を始める。
性格:ポジティブだけど打たれ弱い、超現実主義者
好き:猫、サッカー観戦、ハンバーガー
Return Top